よくある質問

Q:レッスンに通うために必要な楽器は、どのようなものになりますか?

A:鍵盤が88鍵あり、ペダルがついた楽器が必要になります。

習われる方がお子さんの場合は、ペダルが固定式になっているものをお勧めします。当教室では、成長の過程でアシストペダルを使用します。その際、固定式でないと、アシストペダルが使えません。

上記の条件の電子ピアノであれば、レッスンは可能です。しかしながら、特に習われる方がお子さんの場合は、ご予算と環境が許すのであれば、アコースティックピアノ(アップライトピアノやグランドピアノ)をお勧めいたします。これから楽器の購入を検討する方は、是非、事前にご相談ください。

 

Q:楽器以外に必要になる備品はありますか?

A:メトロノームが必要になる場合があります。デジタルのものをご用意頂いています。必要になりましたら、お声がけいたします。

また、身長が130センチ前後から150センチ未満の生徒さんには、アシストスツールをご用意頂いております。こちらも、必要になったタイミングでお声がけさせて頂きます。

なお、それより身長が低い生徒さんは、足台が必要になります。こちらはご家庭にあるものを使って、代替えが効きます。ご案内できますので、ご相談ください。

 

Q:振替レッスンはございますか?

A:大変申し訳ございません。生徒さんのご都合による、振替レッスンやレッスン料金の割引は行っておりません。

ただし、事前(レッスンの1週間前まで)にわかっているお休みに関しては、アドヴァイスレッスンをご利用いただけます。詳細は、レッスン内容のご紹介にある「オンラインレッスンについて」をご覧ください。

 

Q:保護者の、レッスンの付き添いは必要ですか?

A:未就学児は、可能な限り、レッスンの同伴をお願いしております。

小学1~2年生につきましては、使っている教材の種類や、その教材の進み具合で、可能な範囲内での付き添いをお願いする場合がございます。

小学3~4年生や、それより年齢が高い生徒さんであっても、ご希望があれば、レッスンの最後(5~10分程度)に立ち会って頂けます。簡単にですが、レッスン内容や宿題について、お話しさせて頂きます。

 

小学生や、それ以上の生徒さんについては、上記はあくまでも標準的な例になります。成長の仕方やご家庭の事情は様々ですので、その時その時で、一番良い保護者様との関りを考えてまいります。ご相談ください。

 

Q:親はピアノが弾けません。子供のレッスンは可能ですか?

A:もちろん、レッスン出来ます。

保護者様には、ご自宅で、保護者様の好きな音楽を沢山流して頂く事を、お願いしております。また、親御さんには、生徒さんと一緒に、レッスンを楽しんで頂けたらと思います。

とは言うものの、お子さんが幼いうち(練習の習慣がつくまで)は、どうしても、親御さんが、練習を促すことが必要になってまいります。

しかしながら、宿題自体は、親御さんがピアノを弾けなくても出来るようにレッスン致します。

ご安心ください。

 

Q:練習時間の確保が心配です。

A:お子さんの場合には、練習することが習慣になるよう、レッスンしていきます。練習時間を記録するノートも使用して、講師も練習状況を把握しながら、レッスンを進めてまいります。折に触れて、保護者さまともご相談したします。

中学受験をする生徒さん、そして中学生や高校生は、状況が変わってきますよね。その時々に、レッスンに希望することなども、よく相談しながら、最善を考えさせていただきます。

 

大人の生徒さんは、お忙しいのを前提としてレッスンいたします。レッスンの中で、短時間で身に付く練習方法なども、ご紹介させていただきます。また、生徒さんとの話し合いを大切に、レッスンを進めてまいりますので、ご心配いらないかと思います。